(ジー・スキャンブリオ)

G-scan brioは、すべての筋骨格アプリケーションにおける革新的なMRIであり、診断精度と信頼性を高めます。傾斜機構を備えたオープン型デザインは、患者の位置決めが重要なMRI検査において、画期的な方法であり、より高い画像精度を獲得しています。

立位姿勢での診断の重要性

  • 患者に体重負荷がかかった状態のときに多くの症状が発生し、従来のMRI検査画像では、明確な診断ができないこともあります。G-scan brioの検査画像においては、体重負荷状態でのMSK(筋骨格)の状態を正確に把握することができます。自然な立位姿勢でのMR画像は、通常のMRI検査では、観察できない貴重な細部をみることができます。

スムーズでシンプルな位置決め

  • G-scan brioは、優れた人間工学と独自機能を有し、患者だけでなく、オペレータにも多くのメリットをもたらします。

    • 最適化されたベッドにより、患者の位置決めが容易

    • オペレータによるベッドの引き出しが容易

    • リアルタイムなMR画像

    • コイルの設置位置は一か所のみ

    • 検査時の高水準な快適性

リアルタイムMRI

  • G-Scan brioは、筋骨格検査用に開発されたMRIシステムです。多目的MRIと異なり、このMRIシステムは、コイルからユーザーインターフェイスまで、あらゆる側面で最も効率的で快適な方法で筋骨格のMRI検査を実施するために最適化されています。そのため、検査技師や技術者が1人でシステムを操作したり、患者の位置決めを行ったりすることが可能です。

  • ​高速データ収集シーケンスを使用することで、ガントリ上のタッチスクリーンディスプレイに関節のMR画像をリアルタイム表示し、迅速に正確に位置決めを実行することができます。

高い精度を追求した部位に適したコイル

  • 高い精度と得て、患者へ配慮された特別設計の専用コイル

【標準セット】
 4ch腰椎コイル(M/L)、DPA頸椎コイル、頸椎コイル、

 DPA肩コイル、肩コイル(L)、DPA膝コイル、

 DPA手首/手コイル、 DPA足首/足コイル、フレキシブルコイル

直観的ユーザーインターフェイス

  • ユーザーインターフェイスは非常にシンプルでユーザーに優しく、マウスを数回クリックするだけで定期検査を行うことができます。スキャンパラメータを個人用に設定することができ、次回に備えたカスタムシーケンスを保存することができます。

  • 独自のユニークな傾斜構造を持つデザインによって、マグネットユニットを回転させ、患者の立位・荷重位姿勢に移動ささせるこが可能です。

  • ​Windowsを使用しているため、使いやすく習熟が容易です。四肢と脊椎用MRIとしてのインターフェースとプロトコルは、検査手順の大幅な高速化と簡素化を実現しています。

  • ​独立型、統合環境の一環としてドキュメント化、アーカイブ機能を備えています。DICOM形式にも対応しています。

立位・荷重位での筋骨格の状態を正確に把握することができる、国内唯一のMRI

一般名称:永久磁石式全身用MR装置

販売名:Esaote MR イメージング装置 G-scan Brio

認証番号:225AABZX00107000

 国内で唯一の存在感

コンパクト、低重量、設置の容易さ、低消費電力、メンテナンス性と経済性、

そして優れた画像技術 【整形領域(骨格筋撮影)専用MRIシリーズ】

​【立位・荷重位撮影:G-scan brio】【四肢専用:O-scan】【クリニック専用小型:S-scan

Esaote製品のお問合せ

株式会社メディアーク

TEL:03-6659-6902(平日9:30-18:00)

Copyright © MEDIARK . All Right Reserved.